水の成分と効果 ~ナトリウム~

宅配水を選ぶ際には、提供されている水に含まれる成分を基準にするのも良いでしょう。
ミネラルも含め、不純物を徹底的に除去する「RO水」でない場合、あなたの利用目的に合った効能を持つ成分が、より多く含まれているものを選ぶのがおすすめです。
今回ご紹介するのは、「ナトリウム」です。

■ナトリウムとは?
「ナトリウム」とは、塩のことです。
必要量は1日あたり800~1000mgと言われています。
日本人の食生活でかかせない「味噌」や「醤油」にも多く含まれているため、普段、私たちが最も多く触れる機会の多い成分だと言えるでしょう。

■不足すると?
ナトリウムを含まない食物はありません。
ですから、ナトリウム不足になることはほぼないのですが、たとえば激しい運動をした後は、ナトリウムを含む汗が体外に流れ出てしまうのでなくなります。また、熱中症でも不足しがちですね。
ですから、スポーツをよくする人の場合や、夏の暑い期間などは、定期的にナトリウムを補給する必要があります。

■過剰に摂り過ぎると?
前述したように、ナトリウムは私たちの食事メニューにたくさん含まれている成分ですから、人によっては過剰摂取になっていることもあります。「塩分を減らす」ことが大切だと最近はよく聞きますしね。
このように、ナトリウムを過剰に摂り過ぎてしまった場合は、どういった症状が起こるのでしょうか?
心不全や高血圧などといった病気の原因になってしまうのです。
ですから、元々塩っ辛いものが好きな方や、減塩を気にしている方の場合は、ナトリウムの含まれるミネラルウォーターではなく、ミネラル成分を含まないピュアウォーターを利用するのがおすすめですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ