宅配水のメリットとデメリット

宅配水のメリットとデメリットについて紹介します。

 

宅配水のメリット

(その1)手軽さ

宅配水を利用すると、水の冷温・保温が簡単にできます。
すると、ちょっとだけお湯がほしいときにもいちいちヤカンや電気ポットで沸かす必要がありません。
料理の時などとても便利になりますよね。

(その2)豊富なバリエーション

宅配水を扱う業者はたくさんいます。そして同じようにさまざまな種類の水があるのです。
硬水・軟水の違いはもちろん、こだわりの天然水を用意しているところも。
お財布事情と相談したり、あるいは自分の用途・目的に合った水を探すことが可能になります。

(その3)災害時の備蓄に

東日本大震災は、日本中に防災の大切さを感じさせた出来事でしたね。
特に水は人の命をつなぐための大切なもの。災害時にも安定して水分補給や清潔さを保つために、ほんの少しであっても備蓄になるものを用意したいところです。

 

宅配水のデメリット

(その1) 設置スペースが必要

宅配水を設置するためのスペースをまず確認しましょう。電源が必要なのでそれも合わせて考えてください。
想像している以上に大きなものです。単身者向けのコンパクトなものなどを取り扱っているところもありますからそちらを検討するのも良いでしょう。

(その2)ランニングコストに注意

メーカーによって料金体系は異なります。
注目したいポイントは、
・ウォーターサーバー本体のレンタル代
・1ヵ月ごとのボトル購入ノルマの有無
・解約時の対応
の3点です。

(その3)お手入れが不可欠

サーバー内の貯留槽には雑菌が繁殖しやすくなります。
定期的なお手入れが必要だということも念頭においてください。

このように、宅配水にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
どちらも踏まえた上で、納得のできる宅配水を選びましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ