リターナル方式で回収後のボトルはどうなる?

宅配水を選ぶときには、使いきりタイプの「ワンウェイ方式」か、ボトルを再利用する「リターナブル方式」かで迷う方も多いと思います。
リターナブル方式の場合はお値段も比較的割安だから魅力的ですよね。
そこで気になるのが、「回収後のボトルはどうなるのか?」「本当に清潔なのか?」「なぜ安いのか?」といった点ではないでしょうか。

■回収後の水ボトルの行方
リターナブル方式の場合、使用済みのボトルは業者が回収のために取りに来てくれます。もちろん、きちんと洗浄され、殺菌された上で、水が再充填されて届くという仕組みですから安心ですよ。
リターナブル方式が割安なのは、このように容器を再利用する仕組みを取っているからです。

■衛生面では大丈夫?
さて、使いきりタイプの「ワンウェイ方式」では衛生面もメリットとして挙げられていますよね。「リターナブル方式」の場合は、使用中にボトル内に空気が入ります。そのため、細菌が繁殖するのでは?と心配される方もいるのでしょう。
ですが、前述したように、洗浄・殺菌処理を行なった上で再充填するものです。また、リターナブル方式を採用しているメーカーの多くは、きちんとしたメンテナンスを行なっている場合がほとんどなので安心ですよ。

■どうしても気になるという方は
このように、リターナブル方式には割安であることや、しっかりとした衛生対策を行なっているといったメリットがあります。それでもどうしても衛生面が気になるという方もいるかもしれませんね。そういう場合は、やはりワンウェイ方式を採用しているメーカーを探してみましょう。ワンウェイ方式が衛生面もメリットとして挙げられているのは、その都度自分で処分するので次回は新しいボトルをもらえる点、また、使用中のボトルに空気が入らない仕組みを採用しているメーカーが多い点などが理由です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ